B型肝炎と給付金


感染者の血液や体液を介して感染するのがB型肝炎です。日本国内では肝炎の中でも比較的多いのがB型肝炎ウイルスであり、垂直感染や水平感染などが感染源となっていますが、現在は母子感染への対策が講じられていることから、性交渉やピアッサーの使い回し、入れ墨などが感染源となっています。

検査B型肝炎ウイルスに感染すると肝臓に炎症が起こり、倦怠感や食欲不振、吐き気などの症状が現れますが、自覚症状を感じないまま自然治癒し抗体ができているという人もいます。ですがごく稀に肝炎が悪化し、劇症肝炎を発症したり、肝硬変や肝がんなどを発症する人も存在します。肝臓の細胞が破壊されることで最悪の場合には死に至ることもあり、感染が疑われる場合は速やかに検査を行い、感染が確認されたら医療機関で適切な治療を受ける必要があります。早期発見、早期治療を行うことでB型肝炎は完治できるものです。

性交渉や入れ墨、集団予防接種による注射器の使い回しなどによる水平感染でB型肝炎ウイルスに感染すると、要件を満たすことで国から症状や病状に応じて給付金を受け取ることができます。では給付金の申請はどこにすればよいのでしょうか。また給付金の申請に必要な書類や検査などに関する知識がないまま給付金の申請を行うのは不安だという人もいるでしょう。そんな時は弁護士への相談をおすすめします。そこでここではB型肝炎ウイルスに感染している人の給付金と弁護士への相談について説明させていただきます。