弁護士に依頼する


B型肝炎の給付金は国を相手に訴訟を起こす必要があり、必要な書類の準備や訴状の作成、裁判所での和解協議など、専門的な知識がないとスムーズに給付金を受け取ることができません。そこで頼りにすることができるのが弁護士事務所です。弁護士に相談することで給付金請求に関する問題を徹底的にサポートしてもらうことができます

相談弁護士と聞くと弁護士費用が高額になるのではとイメージしてしまい、なかなか相談に行くことができないという人も多いのではないでしょうか。ですが多くの弁護士事務所では初回の相談は無料で行っており、実際に訴訟の依頼をするとその後の相談料は無料になるところがほとんどです。自分が救済要件を満たしているかどうかも相談することができますし、相談で出来るだけ現状のわかる資料などを用意することで相談もスムーズに行うことができ、相談料を節約することができます。

また給付金の他には訴訟に必要な定期検診の検査費用や弁護士費用の補助などもあり、症状や病状に応じて弁護士費用は変動しますが、給付金の請求にかかった弁護士費用は支給された給付金から差し引かれる場合がほとんどなので、経済的な負担を軽くして弁護士に相談することができるようになっています。

病状に応じて,あらかじめ定められた金額の給付金が国から支給されます。そのほか,定期検査費用などの支給や弁護士費用の補助もあります。

このような制度を上手に活用して、給付金をしっかりともらえるようにしましょう。自分だけは大丈夫と思わずに、予防接種の時期が当てはまる人は、しっかりと検査を受けるようにしておきましょう。